土地活用|不動産で資産を活用できる収益物件には…。

そもそも不動産投資とは、賃貸契約を結ぶことにより発生する収益をゲットすることですが、収益を落とさず安定させるには物件を常にメンテナンスしておくことが大切になってきます。しかしながらその保守管理など、大抵のことは不動産会社に頼むことができます。アパート経営については、部屋が入居者で埋まらないのが大きなリスクだと言えます。そのリスクを解消するために、家賃保証をする管理会社が増えつつありますが、正直に申し上げてアパート経営者側がプラスになることはほとんどないと言って間違いないでしょう。関心が集まっている不動産投資セミナーへの参加を検討している人は多いようですが、大部分のものはちゃんとしていると思います。とは言え、高額の教材っぽいものを購入させるものもないわけではないので、参加したことがない人は用心しましょう。不動産投資の指標となる利回りについては、部屋に空きがない状態の年間賃貸料総額を基に計算する表面利回りと言われているものと、諸経費の分を計算に組み入れるネット利回りあるいは実質利回りと呼ばれるものの2つに分類されるのが一般的です。円滑なマンション経営のために考慮すべきは、外部的には交通の利便性などが良いこと、内部的には人気のある設備が備わっていることだと考えます。立地やプラン次第で、ずっと入居者がつかないというリスクはさほど大きなものにはなりません。始めやすいマンション投資ではありますが、息長く価値を維持しようと思ったら、丁寧に整備をするのが大事ではないでしょうか。予想に違わず、大手が新築した分譲マンションは築年数が長いものでも問題がないと言えます。ビギナーがまず試してみてもいいのは、日本とは事情が異なっている海外不動産投資でないことはお分かりでしょう。日本の国内で不動産を買って、その不動産の家賃による収入などを得ようという、正統派の不動産投資だけであることは疑いありません。家賃保証をするサブリースは、オーナーと借りる会社側の間で契約を交わして実施される転貸借のようなものであり、常識的なアパート経営と同一視はできません。ですから、サブリースの弱点なども把握しておきましょう。オーナーから見ると、サブリース(一括借り上げ)は空室対策で苦悩しなくて済むなどの利点があるものの、契約更新で賃料を下げられたり、修繕に伴う費用はオーナー持ちなどのマイナス面もあることを認識しておくべきです。マンション投資でも、価格の安い中古物件の人気が高いのですけど、築後どれぐらい経っているかはちゃんと調べてください。木造や軽量鉄骨に比べがっちりしているRCでも、60年から80年ぐらいが寿命と言われますから、それまでにどれぐらい収益があげられるのかは築年数から計算できるでしょう。アパート経営のメリットは、マンション投資で見られる「地域特性の影響を受けることが滅多にない」ということだと言っていいでしょう。マンションの数があまり多くない地域でも、そこにある物件に投資可能だと言えます。少し前に海外不動産投資が盛り上がったのは、タイやシンガポールなどで収益物件を手に入れれば、「もうすぐ大いに値が高くなる」などと宣伝されたからではないでしょうか。アパート経営に乗り出すときに、新築物件を買って始める場合もありますが、中古物件を対象に始める場合の方が圧倒的で、殊に住みやすさや交通の便などにも配慮した物件はいつもすごい人気です。不動産投資をするならば、スタートが早ければ早い方がプラスになるみたいですね。どうしてかと言えば、たくさん資料請求を行って多くの物件を見る経験を積むことで、不動産を見る目が養われるからということのようです。不動産で資産を活用できる収益物件には、毎月支払われる家賃による収益以外にも、購入時より高く売って儲けられる物件も結構あるのです。賃貸料のような収益はFXのスワップポイントと同じく「インカムゲイン」、不動産売却による差益は株の売買による収益と同様に「キャピタルゲイン」と言われるケースもありますので、混同しないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*