住宅の塗り替え佐賀県での注意点や秘訣

佐賀県で住宅の塗り替え(外壁屋根塗装)を行う場合、金額ばかりを気にして工事内容を決めてはいけません。安く済ませたいと思うことは誰でも思うことかもしれません。しかし、金額を安くすれば、当然工事の質は落ちます。

悪徳業者の典型的な手抜き工事の手口として、細かい部分の塗料は安い塗料を使うというものがあります。

例えば、外壁は一般的な塗り替えを行う塗料で塗り替えを行ったとします。しかし、破風(はふ)や雨戸やトイなどの細かい部分の塗料は安い塗料を使う手口が実際に存在します。

見積書を見てみても、外壁の塗料はシリコン塗料(耐久性10年)と記載されていても、破風(はふ)や雨戸やトイなどの細かい部分は、「その他」などのように誤魔化されてしまいます。

このような手抜き工事を行われてしまえば、外壁は10年の耐久性があったとしてもその他の部分の耐久性は5年ほどになってしまいます。その部分だけ腐敗してしまうかもしれません。

そうなれば、新規に交換したりしなければならなくなってしまうのです。その部分だけを新規にするだけのために足場を組めば、かえって無駄な工事費用がかかってしまいます。

そのようなことにならないためにも、佐賀県で住宅の塗り替えを行う際に、佐賀県に適した塗り替え工事を紹介します。ここで学んだことを活かして、納得のいく理想的な塗り替え工事にしていただきたいです。

佐賀県の特徴
佐賀県は、日本の他の都道府県と比較しても気候が温暖な地域になります。ただし、冬の寒さは緯度の割には厳しいです。そのため、東京よりも寒い気候になります。

また、佐賀県は県内全域が太平洋側気候になります。九州と言えば、台風の通り道になります。

しかし、佐賀県は九州地方の中でも比較的台風の被害が少ない地域になります。特に佐賀市は、夏に降水量が多く湿度が高くなり、冬は雨が少なく乾燥する典型的な太平洋側気候の特徴になります。

なので、夏は暑さが厳しく猛暑日(気温が35℃以上)や熱帯夜(夜間の気温が25℃以上)になる日が多いです。このような夏にとても暑い特徴があるのならば、塗り替え工事によって暑さ対策を行う必要があります。

佐賀県の住宅の塗り替え
遮熱塗料(しゃねつとりょう)という塗料で塗り替え工事を行えば、簡単に暑さ対策ができます。

なぜなら、遮熱塗料は夏場の外部からの熱を住宅に伝えない塗料になります。なので、夏場に快適な室内環境を作り出せます。

猛暑日の住宅の屋根に遮熱塗料を塗った部分と塗っていない部分を比較したところ、遮熱塗料を塗っていない部分はとても高温になり、数秒と触っていられません。

しかし、遮熱塗料を塗った部分を触ってみますと、ずっと触っていられる温度になり全く熱くなりません。塗り替えに使う塗料を遮熱塗料に変えるだけで、住宅に伝わる温度に差が出ます。

あなたがこれから住宅の塗り替えを行うのであれば、佐賀県に適した塗り替え工事を行っていただきたいです。そうしていただければ、住宅の塗り替えはあなたの生活を今よりもさらに快適にしてくれる存在になります。

当サイト佐賀県対応エリア

佐賀市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、神埼市、神埼郡(吉野ヶ里町)、三養基郡(基山町、上峰町、みやき町)、東松浦郡(玄海町)、西松浦郡(有田町)、杵島郡(大町町、江北町、白石町)、藤津郡(太良町)

外壁塗装をするならここ

外壁塗装の一括見積もりを行うなら外壁塗装の教科書がおすすめです。

コメントを残す