熊本県で外壁塗装をしよう!そのコツとは?

熊本県で住宅の塗り替え(外壁屋根塗装)を行う場合、熊本県に適した塗り替えプランで工事を行わなければいけません。

熊本県は、九州地方になり日本の平均的な気候とは大きく異なります。よって、熊本県に適した塗り替え工事を行う必要があるのです。

また、熊本県は気候に大きな特徴があります。同じ熊本県でも地域によって気候や特徴が異なります。住宅の塗り替えを行うのであれば、この部分も考慮して塗り替え工事を行いましょう。

しかし、多くの方は金額ばかりを重視してしまい、上記のような部分を考慮して塗り替え工事を行いません。その結果、「後悔している」「失敗してしまった」というお客様も非常に多いです。

そこでこのページでは、熊本県に適した住宅の塗り替え工事のプランニングを紹介します。ここで学んだことを活かして、塗り替え工事を行っていただきたいです。

熊本県の特徴
熊本県の気候は、県内全域が太平洋側気候に属しますので、温暖な気候になります。ただし、冬と夏で寒暑の差が激しく、冬の気温は緯度の割には寒い特徴があります。

特に、熊本県中心の熊本平野周辺の気候は、内陸型気候に近く寒暖の差が激しいです。なぜ、内陸性の気候に近いのかは、金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するためになります。

2005年には年間106日の真夏日を記録しており、夏場になりますと真夏日になることが非常に多いです。また、夕刻には「肥後の夕なぎ」と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑いです。

しかし反対に、冬場になりますと朝方の冷え込みは激しいです。球磨地方も熊本地方同様に内陸性気候の特徴になり、寒暖の差が激しく夏は暑く冬は寒い特徴があります。

このような特徴がある熊本地方と球磨地方では、遮熱塗料(しゃねつとりょう)による塗り替え工事がお勧めになります。

遮熱塗料で塗装しますと、塗料が熱を遮断してくれます。よって、住宅そのものに熱を通しません。実際に、遮熱塗料を塗った部分と塗っていない部分を真夏日の住宅の屋根で比較してみますと、遮熱塗料を塗っていない部分は高温になり、数秒と触っていられません。

しかし、遮熱塗料を塗っている部分はずっと触っていられる温度になります。その結果、室内の温度の上昇を抑えられます。塗り替えに使う塗料を遮熱塗料に変えるだけで、簡単で楽に暑さ対策を行えます。

また、夏場の電気代が高額になる原因のエアコンの設定温度をあげれます。そうすれば、電気代が節約できます。その浮いたエアコン代を何か家族やあなたのために使っていただければ、これ以上理想的な塗り替え工事はありません。

次に、阿蘇地方ですが、比較的温暖な九州地方の中で最も寒い地方になります。豪雪地帯には指定されるほどではありませんが、冬は九州山地や阿蘇山では毎年多量の積雪になります。

一方、夏はとても冷涼な気候になり、同じ熊本県内の熊本市周辺が35℃以上の猛暑日であっても20℃台の気温が続く避暑地になります。ですが、降水量が多い特徴があります。

このような寒い地域で、先ほど述べた遮熱塗料で塗り替え工事を行っても、理想的な塗り替え工事ではありません。気温が暑くならないのに、暑さ対策を行っても全く意味のない塗り替え工事になってしまいます。

そこで寒さが厳しい地域ならば、断熱塗料による塗り替え工事を行いましょう。断熱塗料で塗り替え工事を行えば、冬の寒さを和らげられます。

そうすれば、阿蘇地方に適した塗り替え工事が行えます。このように、住宅の塗り替えは地域に適した塗り替え工事を行えば、あなたの生活環境を改善できます。更に住みやすい家になるのです。

住宅の塗り替えによって、あなたとその大切な家族が幸せになるような住まいになることが、塗り替え工事で最も重視しなければいけないポイントになります。

熊本県で塗り替え工事を行うのであれば、塗り替え工事を行った生活のことを考えて塗り替え工事を行いましょう。そうしていただければ、どのような工事内容にすればいいのかは、自然と答えが出てくるはずです。

当サイト熊本県対応エリア

熊本市(中央区、東区、西区、南区、北区)、八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、下益城郡(美里町)、玉名郡(玉東町、南関町、長洲町、和水町)、菊池郡(大津町、菊陽町)、阿蘇郡(南小国町、小国町、産山村、高森町、西原村、南阿蘇村)、上益城郡(御船町、嘉島町、益城町、甲佐町、山都町)、八代郡(氷川町)、葦北郡(芦北町、津奈木町)、球磨郡(錦町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村、あさぎり町)、天草郡(苓北町)

コメントを残す