熊本市の家の塗り替えを成功させる塗装業者でしか知らない秘密

熊本市で塗り替え工事(外壁屋根塗装)を行う場合、注意しなければいけないポイントがあります。それは、金額ばかり重視して塗り替え工事を行っていけないということになります。

住宅の塗り替え本来の目的は、住宅の機能性や耐久性の向上です。この部分をないがしろにしてしまえば、理想的な塗り替え工事を行うことは難しいです。

現に、値段の安さばかりを気にして塗り替え工事を行ったお客さから、「失敗してしまった」「後悔している」といったお問い合わせも非常に多いです。また、一度納得のいかない塗り替えを行ってしまえば、次回の塗り替えを行うまでそのままの状態で生活しなければいけません。

ストレスの溜まってしまう外壁塗装になってしまえば、結局嫌な思いをするのはお客様自身です。塗り替え業者にとっては、あなたの家は何十件何百件と塗り替え工事を行う家の一つかもしれません。

しかし、あなたにとっては一生に数回しかない塗り替え工事のかけがえのない1回の工事なのです。外壁塗装業界に携わる人間として、その1回1回の工事の重みを認識しなければいけません。

そこでこのページでは熊本市での住宅の塗り替えのポイントや方法を紹介します。ここで学んだことを実際の塗り替え工事に活かし、理想的な塗り替え工事にしていただきたいです。

熊本市の特徴
熊本市の気候は、温暖な太平洋側気候になります。夏は雨が多く湿度が高く、逆に冬は雨が少なく乾燥する特徴があります。

有明海に面していますが、金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため内陸性の気候になります。なので、寒暖差が激しい気候の特徴があります。

特に、夏場は暑くなります。その要因として、「肥後の夕なぎ」と呼ばれる夕方の無風状態が続くことが考えられます。

しかし、反対に冬場になりますと、氷点下まで気温が下がることもあります。ただ、積雪するほどの降雪はほとんどありません。

そして、温暖な気候の特徴から桜の開花が全国的に見ても早いです。このような、夏場に気温が暑くなる特徴がある熊本市に有効なのが、遮熱塗料(しゃねつとりょう)による塗り替え工事になります。

熊本市の住宅の塗り替え
遮熱塗料による塗り替え工事を行えば、暑さ対策になります。遮熱塗料とは簡単に言ってしまえば、夏場の外部からの熱を住宅そのものに通さない塗料になります。よって、室内に外部の熱を通しません。

外部からの熱が伝わりにくいのであれば、室内の温度の上昇を抑えられます。実際に、真夏日の熊本市の住宅に遮熱塗料を塗った部分と塗っていない部分を比較したところ、遮熱塗料を塗っていない部分とても高温になり数秒と触っていられません。

しかし、遮熱塗料を塗っている部分はずっと触っていられる程の温度になります。塗り替えに使う塗料を遮熱塗料に変えるだけで、簡単で楽に暑さ対策を行えます。

確かに、値段的な問題はありますが、住宅の塗り替え費用の大部分の割合を占めるのは、足場代や作業員の人件費になります。なので、塗料の値段を高くしたとしても、全体の工事費用としては高額にはなりません。

住宅の塗り替えを行うのであれば、熊本市に適切な塗り替え工事を行いましょう。そうすれば、住宅の塗り替えはあなたの生活を今よりももっと快適にしてくれる存在になります。

また、塗り替えプランを考えるポイントとしては、塗り替え工事を終えた後の生活を想像することになります。この部分を特に注意していただければ、理想的な塗り替え工事とは何かという答えは、簡単に導き出せるはずです。

当サイト熊本県対応エリア

熊本市(中央区、東区、西区、南区、北区)

コメントを残す