大分県での外壁塗装をしよう!安く塗り替えするには?

大分県で住宅の塗り替え(外壁屋根塗装)を行うのであれば、大分県の気候や特徴を考慮した塗り替え工事を行わなければいけません。

しかし、多くの方が金額ばかりを重視してしまい、肝心な住宅の機能性や耐久性の向上の部分を気にしていません。その結果、「失敗してしまった」「後悔している」といった相談も実に多いです。確かに、塗り替え工事の費用は決して安い金額ではありません。

ましてや、マイホームのローンを支払いながらその工事費用を負担しなければいけません。すべての家庭がそのような資金を簡単にねん出できるわけではありません。

ですが、住宅の塗り替えを行う以上、最低限抑える部分は抑えなければいけません。そうしなければ、結局損をしてしまうのはお客様自身なのです。

なので、住宅の塗り替えを行うのであれば、大分県の気候や特徴を理解してうえで塗り替え工事の内容を決めるようにしましょう。このページでは、大分県の気候や特徴を考慮した塗り替え工事を紹介します。

ここで学んだことを活かして、あなたが納得できるような理想的な塗り替え工事にしましょう。

大分県の特徴
大分県の特徴としては、県内全域が温暖な気候になります。しかし、大分県は同じ県内でも北部、中部、南部、西部で気候が異なります。

ですから、同じ大分県内であっても住んでいる地域によって適切な塗り替え工事は異なります。

北部の(中津市北部・宇佐市・豊後高田市・国東市・姫島村)の塗り替え
北部は、夏は降水量が少なく晴れの日が多いですが、冬は冬は関門海峡からの北西の季節風の影響を受けます。そのため、日本海側気候の特徴に近くなります。

なので、曇りや雨・雪の日も多く、一冬に数回程の積雪があります。このような積雪が観測される地域では、冬の寒さを和らげるために、断熱塗料による塗り替え工事がお勧めです。

断熱効果に優れた塗料で塗り替えを行えば、冬場に室内の温度を外部に逃がしませんので、暖かい室内環境を保てます。

中部の瀬戸内海側(大分市・別府市・杵築市・日出町)の塗り替え
中部は、瀬戸内海式気候になりますので、一年を通して気候が安定している特徴があります。一年を通して降水量が少なく、冬は晴れの日が多い特徴があります。

なので、積雪するほどの雪が降ることはほとんどありません。ただし、山間部では積雪しますが、夏は気温が高くなります。このような気温が暑くなる地域では、遮熱塗料(しゃねつとりょう)による塗り替え工事がお勧めになります。

遮熱塗料を簡単に説明しますと、夏場の外部からの熱を住宅内部に伝えない塗料になります。そのため、夏場の室内の温度の上昇を抑えられます。

西部の内陸部(中津市南部・日田市・竹田市・玖珠郡・由布市・豊後大野市)の塗り替え
西武は内陸性の気候、つまり盆地の気候になり、一年を通して寒暖の差が激しいです。夏になりますと、35℃を超える猛暑日になることもあります。

このような暑い特徴のある西部の塗り替えにも、遮熱塗料による塗り替えがお勧めです。実際に、遮熱塗料を住宅の屋根に塗って温度の変化を比較したところ、遮熱塗料を塗っていない部分は高温になり、数秒と触っていられません。

しかし、遮熱塗料を塗った部分はずっと触っていられる程の温度になります。住宅の塗り替えに使う塗料を遮熱塗料に変えるだけで、住宅に伝える温度に大きな差が生まれます。よって、簡単で楽に暑さ対策を行えます。

南部の豊後水道沿岸部(津久見市・臼杵市・佐伯市)の塗り替え
南部は、年間を通して温暖な地域になります。ただ、台風の通り道になり、降水量も多い特徴があります。特に、太平洋側気候になりますので、一年の降水量のうち、夏から秋にかけて降水量が集中します。

冬場では、山間部では積雪するほどの雪が降ることはありますが、平野での降雪はほとんどありません。

このような雨が多い地域では、強力な撥水性を利用し、雨水によって汚れを落とす「自動クリーニング機能」を持った塗料がお勧めです。

雨が多いのであれば、その雨を利用し、住宅をきれいにできます。そうすれば、いつまでも塗りたてのような美観を保てます。

このように同じ大分県でも北部、中部、西部、南部と気候が大きく異なります。住んでいる地域によって、その違いを理解した塗り替え工事を行いましょう。そうすれば、住宅の塗り替えによって、あなたの理想的な生活を手に入れられます。

当サイト大分県対応エリア

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡(姫島村)、速見郡(日出町)、玖珠郡(九重町、玖珠町)

コメントを残す