宮崎県はマンゴーがうまい!外壁塗装の注意点とは?

宮崎県で住宅の塗り替えを行う際に、注意しなければいけないポイントがあります。それは、宮崎県ならば宮崎県の気候や特徴を考慮した塗り替えを行うことになります。

しかし、多くのお客様が金額ばかりを気にしてしまいます。塗り替え工事で安さを求めることはもちろん重要です。ですが、安さばかりを気にしてしまえば、肝心な部分の住宅の機能性や耐久性の向上が行えません。

これからあなたが塗り替え工事を行うのであれば、安さを求めながらも住宅の機能性や耐久性の向上の部分は特に注意しましょう。

そこでこのページでは、宮崎県での塗り替え工事のプランニングの一つの例を紹介します。ここで学んだことを活かして塗り替え工事を行いましょう。

宮崎県の特徴
宮崎県は、とても温暖な地域になり、日照時間の多さは全国トップクラスになります。そのため、プロ野球の春季キャンプが毎年行われます。ただ、降水量が多いです。特に、えびの高原、鰐塚山の降水量は国内屈指の降水量の多さになります。

宮崎県は温暖な地域になりますので、平野部での降雪や積雪は滅多にありません。ですが、九州山地では積雪する地域は存在します。

このことからわかるように、同じ宮崎県でも平野部のような雪の降らない暑い地域と九州山地のような雪が積もる地域では、同じ塗り替え工事のプランではそれぞれの気候や特徴に適した塗り替え工事が行えません。

暑い地域ならば暑さ対策を塗り替え工事によって行い、寒い地域ならば寒さ対策を塗り替え工事によって行いましょう。そうすれば、住んでいる地域の特徴を考慮した塗り替え工事が行えます。

宮崎県の住宅の塗り替え
暑さ対策を行う場合、遮熱塗料(しゃねつとりょう)による塗り替え工事がお勧めになります。遮熱塗料は熱を住宅に伝えない塗料になります。よって、住宅内部の温度の上昇を結果的に抑えられます。

実際に、真夏日の屋根で遮熱塗料を塗った部分と塗っていない部分を比較してみますと、通常の塗料で塗り替え工事を行った部分は、とても高温になり数秒と触っていられません。

しかし、遮熱塗料で塗り替えを行った部分を触ってみますと、ずっと触っていられる温度になります。塗り替え工事に使用する塗料を遮熱塗料に変えるだけで、簡単に暑さ対策を行えます。

暑さを和らげられるのであれば、夏場のエアコンの設定温度を少し上げられるかもしれません。電気代を節約できるかもしれません。そうすれば、その分の電気代を何かあなたの家族のためやあなた自身のために使っていただきたいです。

次に山間部のような雪が降る地域では、断熱塗料による塗り替えがお勧めです。断熱塗料で塗り替えを行えば、冬場の室内の温度を外部に逃がしません。

よって、暖かい室内環境を外壁塗装によって、手に入れることができます。住んでいる地域や特徴に合わせた外壁塗装を行えば、あなたの住宅にさまざまな機能性をもたらせてくれます。

また、住宅の塗り替えを行う際の最大のポイントは、「塗り替え工事を終えた後の生活のことを考える」ことになります。この部分を気にしていただければ、金額ばかりを重視する塗り替え工事ではなく、あなたに合った理想的な外壁塗装になるはずです。

当サイト宮崎県対応エリア

宮崎市、都城市、延岡市、日南市、小林市、日向市、串間市、西都市、えびの市、北諸県郡(三股町)、西諸県郡(高原町)、東諸県郡(国富町、綾町)、児湯郡(高鍋町、新富町、西米良村、木城町、川南町、都農町)、東臼杵郡(門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町)、西臼杵郡(高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)

コメントを残す